FC2ブログ
大人になるって、ずっと遠いものだと思った。
| Login |
2011年11月28日 (月) | 編集 |
ここにも印鑑お願いします

あとここにも

ここにもお願いします。

いい忘れましたが、一度交わした契約は

この書類を通してお願いします。

それでは、これにてあなたの書類選考をしますので、あちらの椅子でお待ちください。

ただいま大変込み合っていますが、

時期に飽きますのでお待ちくださいませ

なにかお困りになりましたら、あちらの死神にお願いします
スポンサーサイト
2011年11月21日 (月) | 編集 |


水の惑星なんて戯言を誰が言ったのか、そんなのは遠い昔のできごとで

永遠に滅びないなんて歌ってたやつもいたっけ

ただ事実地球は滅んだわけで、人類もみんな滅んだわけで

五千五万といる奴らは知らん顔して見てんだ。

もちろん俺もそれを見て笑ったよ。ざまあねえなって……。

ただ、鏡 見て思うんだけど、数億年後の僕の家族は

きっと彼らのようにしんじゃうんだろうなって思うんだわ

テーマ:
ジャンル:小説・文学
2011年11月14日 (月) | 編集 |
さようならと誰かは言うのだけど、それがかなしゅうてただ啼く。

人でなしは、山奥でただただ啼く― 一時の気の迷いに左右されて右往左往。

月は盆の上で、たゆたって飛沫を上げ、病に冒され欠けてゆく

人でなし、いざ逝かん。明日はいずこへ向かおうか。

人でなし人でなし行きかう人みな人でなし。

たしかにいただく小銭のゆくへ。殺し殺され人でなし。善は犯され悪となる。

女はまって、男はくらう

まるで心は、蜘蛛となる。
テーマ:
ジャンル:小説・文学
2011年11月05日 (土) | 編集 |
みなさんどうもこんにちわwww

主です。しばらくブログをお休みしていまして申し訳ありませんです。

一日一日のアクセス数を見て小数ながら、いつも見てくれている人がいるんだなといたく感慨深いです。

アクセス数=自分の物語の価値とそう思っていたのです。

だからこそ無駄にへこんでかけなくなってしまって、一人であわあわしてしまったのです。

しかしながら、『 物語を書くことが僕にとって価値があること 』と信じるほかないなとつくづく思いました。

当分は、スランプにつきなかなか作品はあげられませんが、どうかまだまだこのつくづくノベルに付き合っていただけましたら恐悦至極、いたく感謝です。

「後数日で世界が終わっても、この物語が残っていたらいいな」と厨二病てきな発言を添えて

作品『最後の日記』を描かせていただきたいと思います。

つづく