FC2ブログ
大人になるって、ずっと遠いものだと思った。
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月05日 (金) | 編集 |
いま話題のセシウムですが、

こいつは原子核中である物質になります。

これはあまり知られてはいませんがバリウム137mという物質になります

中学あるいは高校で学ぶ理科で、誰もが原子核の最外殻は八個の電子が安定というのは耳にしたことがあると思います。

セシウム137は核融合するとベータ崩壊をします。

ベータ崩壊とは 重さ(137)をかえずに電子をもらったり失ったりして安定になろうとする反応のことをさします

もちろんセシウムは バリウム137mになります。

(mは 準安定という単語の頭文字です つまり = 不安定 だいたいこんな感じの意味です)


このときバリウム137mは、また崩壊をします。もちろん不安定だからですね

そしてこのとき完全なバリウム137になって安定になるんです。

ここで疑問があるでしょう?

電子はすでに安定なのになぜ崩壊するのかということです。

バリウム137mは、それ自体がウランのようにエネルギーが大きく、物質として保てないから

そのエネルギーを放出しなければ安定に存在できません。

このときにでるものが ガンマ線 といい非常に強力なものです。核融合炉はこれを外にでないようにするため

鉛を用いています。

ですが、バリウム137mのガンマ線は約2分でなくなります。


現在、原子炉が放出している線原がどのような数値を示しているかわかりませんが、確かな知識を持って

ことにあたることが重要なのではないかと思う今日この頃です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。